journal

思いついたことをつらつらと




入間基地修武台記念館見学会その4 :: 2017/08/24(Thu)

2階は航空の発展の歴史で、旧陸海軍が保有していた実機等の展示です。
(このあたりは本当に詳しくないので、間違いがあったらごめんなさい)

少年飛行兵募集のポスター。
南洋を意識したレトロなデザインが新鮮です。
展示は、訓練内容のビデオや教科書など。


日本軍時代の制服。
冬用飛行服の襟が大きくてもふもふでかわいい。どれもしっかりした縫製です。右端は加藤建男が実際に着用したものだそうです。


戦闘機「隼」のプロペラ。
カリスマ隊長の加藤陸軍建夫中佐に率いられた飛行第64戦隊のコーナーは人気が高かったです。これまで名前しか知らなかったので、帰宅後検索してみたところ、口髭のダンディーで、操縦スキルに加えて、人柄もすばらしい方だったそうです。ノートにびっしり書き込まれた日記など、ファンの方にはたまらないお宝ですね(個人に関する資料の撮影は禁止のため、画像はありません)。


実機コーナーには、プロペラとかエンジンとか。


そして記念館の目玉、特攻兵器「桜花」の実機。
ロケット推進力を利用し前方向にしか進むことができないよう設計された機体を見て、何ともいえない気持ちになりました。人の命を何だと思っているのか。。。このような考え方も機械も二度と実用してはならないものです。


最後に、壁面にディスプレイされた年表を使った日本の航空史ミニレクチャーを受けました。黎明期から陸・海軍に分かれて開発されてきた航空分野の複雑な経緯を担当の方がめちゃくちゃ噛み砕いて話してくださり、とても分かりやすかったです。勉強になりました。

次回最終回です。

  1. 地元の辺り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

入間基地修武台記念館見学会その3 :: 2017/08/23(Wed)

次は1階の空自の展示です。
展示物は、制服・装備、保有している機体の模型、実機などなど。

海外派遣時の制服。ペットボトルの水もありました。


F−15の模型。やっぱり滑走路上に設置。


私でも知ってる第305飛行隊(通称梅組)のF-15。
梅マークがかわいいです。
第305飛行隊は百里基地で編成され、基地所在地の茨城→偕楽園→梅に因んで、梅マークとなったそうです(初めて梅組という名前を聞いたときは、幼稚園の年長さん年少さんを想像してしまいました)。現在はお引越しして九州の新田原基地所属になっています。


空自60周年のシンボルマークと射出座席2種。右側のシートは、年季が入っています。


原寸大のF−4の写真パネルと本物の乗降用ラダー。
不安定なラダーは、登るだけでも怖そうです。


T−4練習機のエンジン。


ここにもF−15。
尾翼にリアルな熊さんの横顔。
ググったら第201飛行隊の部隊マークだそうです。




広々した場内は圧迫感ゼロ。
随所に係員が配置され、質問に答えてくれます。ですが、もう知らないことだらけで、その場で質問は思いつきまなんだ。

続く

  1. 地元の辺り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

入間基地修武台記念館見学会その2 :: 2017/08/22(Tue)

次に向かったのは、ブルーインパルスコーナー。

入間でブルーの資料を見学できると思っていなかったので、感激。
ここに最初に来る人はいないよねということで、貸切状態でガン見しました。

1番機模型。模型でも機体はピカピカ。




展示飛行用のフライトスーツ。階級は2佐。
作りがめっちゃ細身なことに衝撃を受けました。


7番機のヘルメット。7は総括班長の番号です。


T2とT4の模型。
滑走路の上に展示してあって、什器にも飛行機愛が溢れています。
奥はツアーパンフレット。
入間市出身の川村一尉も載っています。任期最後のシーズン、入間の航空祭でも飛んでくれるのでしょうか。


壁面にはアクロ課目の説明図の掲示と1番機コクピットからの映像が流れていて、こちらもカッコよかったです。


そして、ブルー関連展示オマケです。
空自による災害派遣のコーナーにあったのがこれ。

東日本大震災でホームの松島基地が被災、九州の芦屋基地を間借りして訓練を続けていた頃、ブルーの機体に貼られていたステッカーです。自分達だけが飛び続けていいのか自問しながらも、飛ぶことで皆を勇気づけてくれた当時の隊員の姿を追ったドキュメンタリーを思い出し、ウルっときました。これを見ることができてよかったです。


続く

  1. 地元の辺り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

入間基地修武台記念館見学会その1 :: 2017/08/22(Tue)

入間基地修武台記念館見学に行ってきました。

修武台記念館は空自隊員の教育施設のため、普段は一般公開されておらず、年に何度か見学会が開かれています。初めての応募でしたが、運良く抽選に当たりました。日本の航空の発展が実機を中心とした展示物で紹介されており、私のような飛行機に明るくない者でも十分楽しめる内容でした。非公開なのがもったいないです。
旧記念館は老朽化のため取り壊され、平成24年に再オープンしました。2階までは、旧記念館を模しているそうです。中は冷房完備で寒い位、暑い中屋外で作業されている隊員の方々には申し訳ないです。


8時過ぎに稲荷山門に到着。
受付で当選ハガキと引き換えに名前入りパスをもらいます。時間になると大型バスで記念館へ移動。
車窓から平日の基地の光景を見るだけても、テンションが上がります。途中、参加者の目線は車庫に停めてある赤い消防車にロックオン。そうそう、基地内は信号機がないんですよ、すごくびっくり。



ガイダンス映像視聴後は自由見学。機体の撮影はOKだったので、参加者は思い思いに見学することができました。

で、最初に向かったのが保管庫。
黎明期のレトロな機体とシャープな戦闘機が並ぶ不思議空間です。

アンリ・ファルマン機
日本で初めて動力飛行した機体。レトロなフォルムがかわいいです。航空公園駅のパン屋さんの名前がアンリ・ファルマンだというどうでもいい話。


F-1支援戦闘機


v-107救援ヘリ


陸軍士官学校の窓枠
私の祖父は陸軍士官学校で働いていたらしく、時たま母の話に出てきます。なので記念に1枚。


以下続きます。

  1. 地元の辺り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

修武台来た!!! :: 2017/08/10(Thu)

入間基地にある修武台記念館見学会の当選ハガキが来ました!!
5月のRunwayWalkが楽しかったので、こちらも申し込んでみたけれど、当たるとは思いませんでした。ハガキを選んでくれた方ありがとうございます。嬉しい!



  1. 地元の辺り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

花火 :: 2017/08/05(Sat)

今日は地元の七夕祭り。夜は花火が打ち上げられました。

普段は川風が涼しい河川敷ですが、今日は無風でひたすら暑かった。
そしてiPhoneでの撮影は難しかった。アップできないレベルの画像しか撮れなかった。やっぱり花火の撮影には、デジカメ+連写がベストだな。

  1. 地元の辺り

入間基地納涼祭 :: 2017/07/26(Wed)

朝はかなりの雨が降っていましたが、「納涼祭を実施いたします」のお知らせが基地HPに。
昼間は普通に仕事だったので基地まで行くのは疲れるし、基地の芝生は濡れているだろうしで、今年の初花火は近所の16号線の歩道橋上からの見物となりました。歩道橋の上は、私をふくめて、”花火の時間になったので家からそのまま出てきましたた”風のジモティメンバーでした。まったりまったり。

そして、最近買い換えたiPhoneのカメラの試し撮り&ブログアプリの練習!

結果は惨敗。
周囲は明るいし、遠いのでズームしたらボケまくりだし、連写も速度速過ぎで何ともだし。
かなり恥ずかしいけれど、こんな感じです。
クセがわかっただけでもよしとしましょう。






  1. 地元の辺り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ