journal

思いついたことをつらつらと




「クリエミュージカルコレクションⅢ」2/24マチネ :: 2017/02/28(Tue)

シアタークリエ「クリエミュージカルコレクションⅢ」に行ってまいりました。
「エドウィン・ドルードの謎」の"ようこそ"でスタートしたコレクション。
楽しく意外な取り合わせが盛り沢山であっという間の2時間半でした。

【主な出演】
大塚千弘/岡田浩暉/今拓哉/涼風真世/瀬奈じゅん/田代万里生/保坂知寿/吉野圭吾/山口祐一郎 他

開演前のMC担当は岡田さん。
岡田さんの一曲は 「グッバイ・ガール」の"I Think I Can Play This Part"。役者についての話から群馬弁披露までごった煮トークに、袖にいるメンバーからあれこれ茶々が入り、のっけから和みました。話し続ける岡田さんの背後を、蝋燭の火が消えないよう手を添えながら下手から上手に移動していく山口さんに客席騒然。MCが10分経過すると山口さんが登場する仕様だそうです。椅子の向きを変える大道具役として、吉野さん&田代さんも登場と豪華でした。
何気に以前の投稿を見てみたら、Ⅱの時のMCも岡田さんでした。それぞれ1回しか観ていないのに奇遇です。

山口さんが歌ったのはトート、アンジョルラス、ティアナン、ファントム。一度は観たかった生の山口ファントム。蝋燭の灯を背景にウィスパーボイスで歌う"Music of the Night"は幻想的でした(冒頭の蝋燭はファントムの伏線だったんだな)。まさかの山口アンジョもびっくり。"One Day More"のラストでは、手を突き上げたまま静止中に、口に紙吹雪が入り苦笑い。山口アンジョは赤いベストでなくラメ入り赤いちゃんちゃんこを着せてもらいお祝いしてもらっていましたが、トート、ファントムで見せた圧倒的な華は、とても還暦には見えません。

久しぶりに拝見する吉野さん。ステッキにタップ。センターで歌い踊る圭吾さんはやはりカッコいい。「帰ってきたミレディ」のイントロが始まり、手で片目を隠しロシュフォール伯爵を演じながら捌ける小技も憎い。大浦みずきさんによく似た目線と表情に心ひそかにホロリ。

"ミーマイ"を爽やかに歌い終わり「変態だ」「変態が来る」と捌ける吉野ビルと大塚サリーに続いて登場したのが、今ジャスパー。本舞台「エドウィン・ドルードの謎」での変態っぷりがあまりにツボだったので、再会できて嬉しい。一幕で歌った"マリア"との振れ幅の大きさが笑える。

保坂さんと涼風さんは、それぞれの個性によく合ったドレスを着こなされていて素敵でした。そしてあの細さであの歌声は驚異的。どんなトレーニングをされているのか。

瀬奈ミレディ、帝劇百周年のお祭り騒ぎを思い出しました。吉野さんとの"フレンドシップ"の掛け合い&ダンスが楽しかった。瀬奈婆と圭吾爺って。

大塚さんと田代さんもベテラン勢と引けをとらない抜群の安定感でした。大塚さんの"夢に見るマンダレイ"素敵でした。

ラストは「ミー&マイガール」の"ランベス・ウォーク"。大好きな曲なので嬉しかった。振り付けも懐かしかったです。上手下手に分かれて出演者全員の客席降りがあり、私は運良く通路側の席だったので、皆さんが間近を通っていきました。私の横辺りはキャストがターンする定位置らしくハイタッチをもらうのが難しかったのですが、わざわざ振り返って♪ランベスウォークのタイミングでタッチして下さった岡田さんのお優しい人柄に感激。他にもタッチしてもらったのですが、あっという間で思い出せない。キャストが交差する12列前通路は阿鼻叫喚状態のようでした。往路は時間切れで、皆さん大急ぎで舞台に駆け戻っていかれました。山口さん、吉野さんの背中が大きかったなあ。

Ⅲも楽しかったので、クリコレⅣもぜひお願いしたい。


  1. 東宝ミュージカル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<< | top | 父の手帳>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1905-3e817303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)