journal

思いついたことをつらつらと




母すべる :: 2017/01/09(Mon)

今朝、母のショートステイ先から留守電メッセージが入っていました。

こういう時は母に何かあった時なので、急いで電話をしたところ、昨晩トイレで便座から車椅子の移乗がうまくいかず床に崩れ落ちたとの報告でした。ちょうど母のところに行く準備をしていたところだったので、そのまま直行。

車椅子に移乗しやすい位置に立たなかった母に気づかず、そのまま無理に移乗させようとしたスタッフが母の体を支えきれなかったのが原因でした。本人から状況報告と謝罪がありましたが、あまり気持ちが感じられませんでした。母曰く、介助したスタッフは新人で慣れていないとのこと。今回は痣と打ち身で済んだものの、運が悪ければ骨折→寝たきりになるかもしれなかったのに、わかっていないんだろうな。体幹を使わずにく腕だけでどうにかしようとしたんだろうな。今後十分気をつけてほしいと話をしましたが、めったなことでは苦情を言わない母もやんわり気をつけてほしいと言っていました。古参のスタッフから大変だったねと声掛けがありましたが、母まで何かあったらと気が気ではありませんでした。新人スタッフさんには、他人の体の扱いに早く慣れてほしいです。

昨日約束していた「母の署名が絶対に必要な手続き書類」を恐る恐る出したら、気丈に協力してくれました。先が柔らかくて書きやすい筆ペンを持たせ、私の手を添えて、何とか2通仕上げることができました。大変な目にあったのにありがとう。

  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<父の四十九日 | top | bittersweet>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1891-f06015b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)