journal

思いついたことをつらつらと




母の日、惨敗です :: 2016/05/08(Sun)

母の日のプレゼント、用意できませんでした。

土曜の夕方に地元のデパートの婦人服売場に行ったものの、店員さんの攻勢が激しく、母が喜びそうなものをゆっくり選ぶことができませんでした。「1人で見たい」と言っても引き下がらないのってどうよねえ。加えて、施設での洗濯に耐えられないだろうストッキング状の編み地の素材が多かったのも原因。「ネットに入れて、弱い水流で洗えば大丈夫」との説明だったので、施設の洗濯事情を話して、この素材では無理と伝えたら、「どんな商品でも破損のリスクはあるのだから、これを買っても同じでしょう」と言われ、ブチ切れそうになりました。「せっかくのプレゼントがすぐ破れたら、貰った方もあげた方も悲しくなるでしょ」と言い、売場を後にしました。
直接親の世話をしたことのある人なら、このような言葉は絶対に出てきません。経験に基づいたアドバイスをもらうことすらあります。そういった経験がなかったとしても、他の素材を提案できるはずです。母の日だからお客は絶対買うに決まっているという考えが見え見えの態度にガッカリです。もっと高い意識持てよ。ささやかな抵抗で、こういう店員さんがいる所には、もう行かない。

ということで、どうしようかな。若い頃おしゃれ番長だった母が満足するもの見つかるかな。

  1. 地元の辺り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「1789 バスティーユの恋人たち」4/27マチネ | top | みかんの花>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1773-1f53db2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)