journal

思いついたことをつらつらと




「Paris オートクチュール-世界に1つだけの服」 :: 2016/03/19(Sat)

近くまで来たので、三菱一号館美術館にふらりと入館してきました。土曜の午後でしたが、思ったより混んでおらず、ゆったり観ることができました。
paris15.jpg

パリのパレ・ガリエラ所蔵のオートクチュールの展示で、イヴニングドレスがメインでした。デザイナーの発想の豊さ、職人の手仕事の素晴らしさに参っちゃったこと。やっぱりヴァレンシアガとカール・ラガーフェルド(シャネル)がすてきだったこと、オートクチュールの草分け的存在のウォルトとドゥーセをもっと見たかったこと、などなど。

パレ・ガリエラは普段常設展示を行わないので、パリに行く時は企画展が開かれているかチェックを入れる位好きな場所です。今回も、所蔵品の幅広さと奥の深さを垣間見ました。

  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<母、父を見舞う | top | 水仙とヒヤシンス>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1745-0bf9be65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)