journal

思いついたことをつらつらと




父のひっかき傷 :: 2015/07/12(Sun)

久しぶりに父のことを書きます。
体調は安定しているものの、相変わらず指先であちこちにひっかき傷を作り続けています。綿手袋をはめていますが、力が強いので傷ができるし、少しすると手袋の指先が切れてしまいます。

昨日は、お手玉とサランラップの芯が、ベッドの上に置かれていました。それぞれ手に触った感触が違うので、多少の刺激になるかと思い、私が持ってきたものです。調子がいい日は、落としても自分で探して持ち直します。そしてそれらを手で握っていると、強くひっかけない。なかなかの優れものです。

普段は引き出しにしまったままなのですが、最近は私がいない日でも看護師さんが取り出して握らせているようです。病院側にとって拘束用のミトンを使えば楽になるはず、でも父のストレスになることは排除してくれています。ありがたいことです。


  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<熱帯夜 | top | 紫陽花の剪定>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1604-3994b55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)