journal

思いついたことをつらつらと




粉瘤の術後 :: 2015/06/07(Sun)

傷口の経過は良好で、1日の受診後は、1週間おきの観察となりました。

「ふさがりかかってる」、先生の言葉に大安堵。
但し、テープの跡のかぶれがひどいらしく、赤くなっていない箇所を探しながら、テープを貼ってくれました。リンデロンもおまけに塗ってもらいました。湿潤療法をとっているので、シャワーで濡れても構わないとのこと。でも、濡れればガーゼは取れてしまうわけで、まだふさがっていない傷口を”感”でふき取るのは怖くて、濡らさないよう必死です。

よほど急な動きや大きな動きをしない限り、痛みも感じません。但し、念には念を入れて、週末にかけて帰宅していた母の散歩は中止させてもらいました。玄関の上がり框の段差で、車椅子+母の体重の重さに耐えられるかどうか自信がなかったから。湿度も低くて散歩日和だったのに、母よ、ごめん。

来週から職場の診療所で消毒をお願いする予定です。
ゲンタシン持参で、診療所へGO!

  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<紫陽花 | top | くちなしの花>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1582-bbf4cba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)