07
3
4
5
6
8
9
10
12
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


2015.06.07 *Sun*

粉瘤の術後

傷口の経過は良好で、1日の受診後は、1週間おきの観察となりました。

「ふさがりかかってる」、先生の言葉に大安堵。
但し、テープの跡のかぶれがひどいらしく、赤くなっていない箇所を探しながら、テープを貼ってくれました。リンデロンもおまけに塗ってもらいました。湿潤療法をとっているので、シャワーで濡れても構わないとのこと。でも、濡れればガーゼは取れてしまうわけで、まだふさがっていない傷口を”感”でふき取るのは怖くて、濡らさないよう必死です。

よほど急な動きや大きな動きをしない限り、痛みも感じません。但し、念には念を入れて、週末にかけて帰宅していた母の散歩は中止させてもらいました。玄関の上がり框の段差で、車椅子+母の体重の重さに耐えられるかどうか自信がなかったから。湿度も低くて散歩日和だったのに、母よ、ごめん。

来週から職場の診療所で消毒をお願いする予定です。
ゲンタシン持参で、診療所へGO!

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



profile

suuda

Author:suuda
こんにちは!
季節の花に観劇、最近は介護のこと



categories



archives



links



ブログ内検索



Copyright © journal All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )