journal

思いついたことをつらつらと




「フローラ」 :: 2015/05/23(Sat)

病院での待ち時間用にふと買ったコミック「フローラ」(ワタナベジュンコ著)。

これまでありそうでいてなかったベル・エポックのパリを舞台にした作品です。少し変わったお嬢様フローラと少し変わった青年アランの恋物語ですが、時代の最先端をいっていた20世紀初頭のパリの空気感が一番の魅力です。マドモワゼル達のお衣裳と髪型がすてきで、ラルティーグの写真集みたい。印象派、アルセーヌ・ルパン、映画の「眺めのいい部屋」や「田舎の日曜日」がお好きな人なら楽しめるんじゃないかな。

「えっ?」というところで終わっているので、2巻も出るよね?

  1. 読書
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「レ・ミゼラブル」5/13マチネ | top | サボテンの花>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1573-d1e2f412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)