journal

思いついたことをつらつらと




母、父を見舞う :: 2015/05/05(Tue)

今日、母と父を見舞いました。

毎日恒例、昼過ぎの昼寝タイムのため、初めは眠っていましたが、しつこく耳元で声をかけ続けたら、ぱっちり目を開けてくれました。その後母を促して、大きな声で呼びかけさせたら、明らかに父は母の声に反応しました。母が父の腕を揉むと、嫌がらずにそのままにさせていました。「私に会って嬉しいでしょ」と父に対して明らかに上から目線の母でしたが、母の手をずっと握っている父でした。迎えのタクシーの時間が近づき、父にさよならを言うと、悲しそうな表情を見せ、何か言いたげに口を動かしました。もっといたいけれど、車椅子の母が外出できる時間は、大体1時間が限度。また来るからと、部屋を後にしました。

珍しく意識がはっきりしていた父。こういう時に母を連れて行けて本当に良かった。


  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<芍薬 | top | みかんの花>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1556-df72b604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)