journal

思いついたことをつらつらと




1年 :: 2014/12/29(Mon)

父が受傷して、ちょうど1年が過ぎました。

昨年の今日は、急遽自宅に来てもらった叔母に母の付添を頼み、私は病院の救急外来の待合室で1人待ち続けていました。
そんなことも遠い昔のことに思えるくらい、次から次へといろいろなことがあった1年でした。そして、この先も、また新しい出会いと経験が待っているのでしょう。時に投げ出したくなることもあるだろうけれど、日々を丁寧に過ごしていきたいと思います。

最近の父は肺炎の再発もなく、動く右手を盛んに動かし、ベッドサイドのネームプレートを払い落としたり、ひっかき傷を作らないようはめた手袋を外します。生産性のない行動でも、父が安定して元気な証拠です。来年も、このような穏やかな日が続きますように。



  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<新しい1年 | top | 「星ノ数ホド」12/10マチネ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1490-957f4495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)