journal

思いついたことをつらつらと




父の右手 :: 2014/08/30(Sat)

父の病院に向かう路線バス、いつもは貸切状態なのに、今日は往復とも沢山人が乗っていてびっくりです。

先週末、痙攣発作で私を不安のどん底に突き落とした父でしたが、今日はいたって快調でした。麻痺していない右手を動かし、声のする方向に目を向け、やたら活発。これだから人の体はわからない。

病院から1つ宿題。着替えをもっと持ってきてほしいとのこと。ですが、ないんです、着替え。いや、あるけれど、痩せたから、ぶかぶかのばかり。新調するにも、元々小柄なのでジャストフィットのものは見つからない(これでもいつも探してるんだよ)。あるものでいいからと言われても、大きくてみっともないのはどうよ。介助時も危ないし。とりあえず家に帰ったら家捜しだ。

  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<いい日曜日 | top | 母帰る>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1420-634f6d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)