journal

思いついたことをつらつらと




転院の準備 :: 2014/08/03(Sun)

金曜は、父の主治医との面談でした。
時折おこる痙攣を除き、父はほぼ復調。
空きベッドができ次第、転院です。

転院先は、療養型病院。
法的にはまだリハビリを施してもらえる期間は2か月弱残っていますが、この先リハビリを続けても改善はないということです。父を見ていてそうだろうなと思うけれど、来るべき時が来たかと複雑な気持ちです。その一方で終着地点が見えたことで、ほっとする自分もいます。受け入れ先候補は、元いたリハビリ病院と私がリクエストした地元の病院。少ないベッド数に、患者側が選り好みできないのは重々承知だけれど、いい加減地元に戻らせたい。いや、父の体調の基本をコントロールできなかったところには行かせたくない、というのが本音かな。希望している病院は、母が大腿骨骨折のリハビリでお世話になった病院で、管理がしっかりしていた。何とか受けてもらいたい。
以前は、近所のおじいちゃんおばあちゃんが家から遠く離れた病院に入院するのを不思議に思っていたけれど、いざ自分の立場になってみて初めて理解しました。療養型ベッドのある病院が少ないということだったんですね。国は療養型ベッドを減らし、在宅介護を手厚くする方針だそうだけれど、そりゃ無理だって。看護師やヘルパーが来てくれたとしても、それ以外の時間は家族が病人の世話をしながら家事をするんだから、始終家にいることができる家族が2~3人は必要だね。そんな家庭はそうないって。
何はともあれ、パジャマやタオル類の用意を始めないと。

祭りのためあちこち道路が交通規制されているので、今日は裏道を自転車で出かけました。病室には、汗だくの私と爆睡の父でした、動く方のひじも固くなってきているので、ひとしきりマッサージして見舞い終了。
あまりの暑さに、母のところの訪問は取りやめました。母、ごめん。昨日行ったから許して。

あ~暑くて疲れた。
  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<庭に水を撒く | top | 花火大会>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1410-3ee6b750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)