journal

思いついたことをつらつらと




母とお見舞いする :: 2014/07/06(Sun)

午前中、母を連れて、父の見舞いに行ってきました。
最初は眠っていたものの、腕をさすっていたら、突然目を開けてくれました。母が塗った塗り絵などを見せると、大きく目を見開いてじっと見入っていました。声こそ出ないものの、私の声掛けもじっと耳を傾けていました。父がんばった。
車椅子の母は父の顔の近くまで入れず、手を握っただけですが、今日は泣かなかった。母もえらいぞ。


  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<収穫2回目 | top | 父、6人部屋に戻る>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1396-f282e6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)