journal

思いついたことをつらつらと




! :: 2014/07/03(Thu)

仕事帰りに病院に寄ったら、違う人がベッドにいた。
というか、個室に移ってた。


主治医が来て下さり、「日中、痙攣に似た発作が起きたので、大事をとった。抗痙攣薬で症状は落ち着き、バイタルも正常」と説明をしてくれた。目を開けていて、しっかりした表情だったが、私が来たことを理解しているかどうか・・・発作の原因がわからないので、明日は脳波も診てくれるとのこと。

自分がそうだったどうに、家族の介護や看病をしている方の参考になればと始めたこのカテゴリーですが、原因不明の容体悪化が多過ぎて、整理不能になってきました。意識レベルの状態も気にかかるところですが、これまで数回肺炎を繰り返しているだけに、誤嚥が一番切実な問題なのだと実感し始めました。
父には少しでも穏やかに過ごしてほしい。言葉をかけたりマッサージする以外にも何かできることはないのかと自問する最近です。
  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<父、6人部屋に戻る | top | 医師との面談>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1394-08c30125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)