journal

思いついたことをつらつらと




医師との面談 :: 2014/07/02(Wed)

転院から1週間たち、主治医と面談がありました。急性腎不全、脱水、低栄養は改善。薬の影響で発生したものだったとのことで、ひとまず安心。今後、点滴から経管栄養に移行する予定とのこと。但し誤嚥の危険性は変わらないため、そこが心配。



そして2つの問題が未整理のまま残った。
1つは意識レベルが低く、始終眠っていること。MRI検査をしても、脳に新たな異常の発生はなかったので、原因がわからないとの所見。
2つ目は、私自身の問題だけれど、容体が安定したらリハビリ病院に戻ること。入院しながら脱水と低栄養が起こったことに今もショックが消えない。面談で、リハビリ病院のはっきりした投薬記録がなかったという話を聞き、さらに不信感が増した。同じお医者様にこんなことを言うのは失礼だがと前置きし、正直な気持ちを話したところ、言葉を選びながら、「ご家族としての気持ちはよくわかります」と答えてくれた。先生、困らせてごめんなさい。でも言わずにいられなかった。
少しの間でいいから、父が目を開けてくれたら不安がなくなるのに。
  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<! | top | ペチュニア>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1393-9f4f9ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)