journal

思いついたことをつらつらと




「バベットの晩餐会」 :: 2014/04/19(Sat)

1987年に日本で公開されたデンマーク映画。
WOWOWで放送されていましたが、今も観ても暖かい気持ちになれました。

19世紀後半のユトランド地方。荒涼としたの海辺沿いの村に暮らす老姉妹。敬虔なプロテスタントの牧師の娘である彼女達は、パリ・コミューンで全てを失い亡命してきたバベットを家政婦として家に迎える。やがて14年の月日が経ち、宝くじで一万フランを手に入れたバベットは、村人のために晩餐会を開く・・・

「貧しい芸術家はいません」
パリの有名な料理長だった過去に触れることなくひたすら寡黙だったバベットの最後のセリフ。
おいしい食べ物は人を幸せにする。人を幸せにすることができる芸術家は豊かであると最後に高らかに宣言するバベットがとにかくカッコいいのです。

「バベット」は隠れた名作を発掘して放送する枠のようなので、「マカロニ」、「スイート・スイート・ビレッジ」、「フランスの思いで」などなど、幸せな気持ちになれる埋もれた名作の放映をお願いします!







  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ハナミズキ | top | 牡丹>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1336-dff7d6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)