journal

思いついたことをつらつらと




インフルエンザの顛末 :: 2014/03/29(Sat)

改めまして・・・
19日に始まった鼻水と喉の痛みはインフルエンザでした。

21日夕方にいや~な悪寒と熱に襲われました。普段発熱したことがないだけに、これは何かが違うと。夜は厚着して毛布を1枚足して寝て汗をたくさんかいたので、翌朝は熱が下っていました。日曜でも通常診療している内科をネットで見つけ受診。「は~い、ちょっと痛いですよ。恨みがあってやっているわけではありませんからね~」と看護師さんの妙な前置きで始まった人生初のインフルエンザ検査は、鼻の奥まで綿棒を入れられた痛さに思わず涙目。そして、看護師さんの「残念でした~、A型です」の声にがっくし。タミフルと解熱剤をもらって帰宅しました。

スーパーのネット宅配で食料を買い、自宅に引きこもりました。微熱・喉・鼻の不快感が続く中、「21日の午前中に会った母にうつしたのでは」とか「父の肺炎はどうなったんだろう」とか「こんなに休んで仕事たまってる」とか、色々な思いが頭をよぎる。熱で目がしょぼしょぼするので、仕事のメールを打つのもしんどいし、テレビすら見る気がおこらなかった最初の数日間。25日に終日平熱に戻り、2日間をあけて、28日に出勤。久しぶりの通勤は堪えたけれど、やっぱり外はいいなあ~。

  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<さくら | top | ヒマラヤユキノシタ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1316-e86336c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)