journal

思いついたことをつらつらと




「ダディ・ロング・レッグス」3/4マチネ :: 2014/03/07(Fri)

2月の雪の日曜に働いたご褒美です。
久々にシアタークリエに行ってきました。

初演を観ていないので、ずっと楽しみにしていました。書簡(懐かしい響き!)、キャンプ、パーティーと、古き良き時代のゆったりして空気が全編に漂っていました。そして、再演の上、舞台でのキャリアも十分なのに、井上さん&坂本さんの初々いことといったら!!演出、役者、音楽、美術、全てがいい感じに溶け合ったすてきな作品でした。

ジルーシャ(坂本真綾)
「禿げ」とか「つるっ禿げ」を連呼してもかわいい。威勢がいいけれど、抑えるところは抑えているから上品。真綾さんの声色だけで、サリーやジュリアの人柄まで伝わってくる。はまり役です。

ジャービス(井上芳雄)
かわいらしい井上さんっておそらく初めてです。気取ったモデル歩きとうなだれて落ち込む姿のギャップ萌え。


観客の想像力に委ねるジョン・ケアードの演出も好き。今回もトランクがベッドになったり山になったり。音楽も全編耳ざわりのいいメロディーで心地よかったです。

カテコでは、なぜかもじもじしながらCDと寄付原作本の案内をするお二人でした。「(上の売店で)原作本を売っていますが…」としどろもどろの坂本さんに、「100年前から売っています」のツッコミにいつものブラックな井上さんがチラ見えしました。

あともう1回観に行く予定です。直観で2公演分チケットを押さえたけれど、大当たり!嬉しい~!!



  1. 東宝ミュージカル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<沈丁花 | top | 母、家に戻る>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1307-5904e1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)