journal

思いついたことをつらつらと




もうすぐ転院 :: 2014/02/21(Fri)

雪の影響で病院への路線バスが運行見合わせになったり、父の転院先を訪問したり、今週もいろいろあった1週間でした。

2/17
数日ぶりに父の病院へ。
但し凍結による渋滞のため路線バスが運行見合わせ、タクシー待ちの行列に並んだので、いつもより30分遅く到着。一日の疲れが出る時間なのか、すぐに眠ってしまった。眠りに落ちる前に大声で転院の話をしたが果たして聞いていたかどうか・・・病院を出た時にはバスが動き始めていたが、歩いた方が早く家に着くので、徒歩を選択。北風の中を20分間、ぽっかぽかになって帰宅。

2/18
この日も路線バスのダイヤが乱れていたので、往路タクシー+復路徒歩のコース。
昨日より早い時間に着いたので父はしっかり目覚めていた。昨夕の転院の話は覚えていて、「(よくなるか)わからないよ」と言うので「やってみなければわからないよ」と応酬してみた。何か口から入れたらしく、口の周りが白くなっていたのでふき取ってあげた。「何か食べさせてもらったの?」と聞いたら「何かわけがわからないものを口に入れられた」と返ってきた。父の説明ではわけがわからないが、練習すれば嚥下可能かもと秘かに期待。

2/19
夕方に主治医と面談。経過良好とのこと。
面談のため病室を出ている間に父は寝落ち。

2/20
定時に職場を出られず、お見舞いは中止。

2/21
転院先の病院に伺い、事前面談と施設見学。病院までの路線バスは本数が少なく乗り継ぎもよくないことからタクシーを選択。今後交通費がかかるなあ。
帰宅後、懸案事項だった家の裏の雪の山を必死に取り除く。若干マシになったが、あっという間に筋肉痛復活。
午後に母と父を訪問し、転院が決まったことを報告。食堂でテレビを観ていた(←これもリハビリですよ~)父は「うん」と頷いただけだったが、転院のことはちゃんと理解していた。そして父の口に入れられた”何だかわけのわからないもの”の正体が判明。ミカンゼリー風栄養補助食でした。あくまでもミカンゼリー風で、実際はまずいんだなこれが。でも経口食への第一歩ということで嬉しかった。
  1. 健康第一!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<福寿草 | top | エーグルの長靴>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suuda.blog47.fc2.com/tb.php/1302-39284692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)