journal

思いついたことをつらつらと




大仙厓展 :: 2016/11/06(Sun)
地下鉄駅に貼られたかわいいポスターにつられて、出光美術館まで行ってきました。

↓かわいいポスターはこれ。
index_ph005.jpg

午後には父の見舞いに行くつもりだったので、早めに出かけたところ、「ミスサイゴン」の楽屋に向かう藤岡正明君に遭遇。いきなりでびっくりしました。

初めて入った出光美術館は、思ったより広い展示スペースでした。仙厓さん(1750-1837)は禅宗のお坊さんですが、存命中から大人気だったそうです。ポスターに使われていたのは、月を見上げて指差すシリーズの一つでした。ユーモラスな画風と文章が親しみやすく、中でも子供、布袋さん、動物達の愛らしいこと。仙がいさんの温かいお人柄に触れる思いでした。

出光美術館には、日比谷公園に面した休憩スペースがあり、紅葉が始まった公園がきれいでした。なぜか給茶器も置いてあり、至れり尽くせり。ゆったり過ごせる施設でした。



  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




「Paris オートクチュール-世界に1つだけの服」 :: 2016/03/19(Sat)
近くまで来たので、三菱一号館美術館にふらりと入館してきました。土曜の午後でしたが、思ったより混んでおらず、ゆったり観ることができました。
paris15.jpg

パリのパレ・ガリエラ所蔵のオートクチュールの展示で、イヴニングドレスがメインでした。デザイナーの発想の豊さ、職人の手仕事の素晴らしさに参っちゃったこと。やっぱりヴァレンシアガとカール・ラガーフェルド(シャネル)がすてきだったこと、オートクチュールの草分け的存在のウォルトとドゥーセをもっと見たかったこと、などなど。

パレ・ガリエラは普段常設展示を行わないので、パリに行く時は企画展が開かれているかチェックを入れる位好きな場所です。今回も、所蔵品の幅広さと奥の深さを垣間見ました。

  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




丸の内のツリー :: 2015/11/22(Sun)
国際ビルのクマさん



新丸ビル


丸ビルの羽生結弦コラボオブジェ


KITTEのホワイトツリー


仲通り



帝国劇城へ登下城のついでに、丸の内のツリーとイルミネーションを見てきました。
今年はサーカスがテーマとのことで、ツリーらしいツリーはなし。丸ビルは羽生結弦とコラボだけあって、ちっちゃなリンクができていました。
イルミネーションは歩行者天国の交通規制解除直前に道路の真ん中で見ることができて、ラッキー。
駆け足でしたが、温かみのある仲通りのイルミネーション大好きです。


  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




丸の内のツリー :: 2014/11/22(Sat)
仕事帰りにちょっとだけ寄り道。
今年もディズニーがモチーフになっていて、新丸ビルがラプンツェル、丸ビルがアナ雪。何と通り抜け用と撮影用に通路が分けられていました。
Kitteはホワイトツリーです。伝統的なKitteのツリーの方が好みだな。
いずれにせよ、趣向を凝らした冬の飾りつけは、気分が華やぎます。

丸ビルのアナ雪


新丸ビルのラプンツェル


kitte




  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




丸の内のツリー2 :: 2013/12/12(Thu)



ブリックスクエアはゴールドが基調のプーさんツリー、Kitteは巨大なホワイトツリー。
Kitteのツリーは必見ですな。


  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




丸の内のツリー :: 2013/11/11(Mon)
早いもので丸ビルと新丸ビルにクリスマスツリーが飾られていました。


丸ビルのツリー。
隣にはミッキーの巨大バルーンもあります。


こちらは新丸ビルのツリー

今年のテーマはディズニーで、丸ビルはミッキー、新丸ビルは白雪姫。ディズニーに因んだオーナメントがいろいろついています。いくつになっても、クリスマスツリーには心躍らされるものがありますね。


  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




楽しいIntermediatheque :: 2013/08/29(Thu)
Kitteに入っているインターメディアテクが楽しいです!!
東京大学所有の所蔵品を一般公開している博物館ですが、骨格標本、剥製、植物標本、鉱物、楽器、民芸品、コイン、写真と何でもあり!その名の通り分類丸っきり無視の雑多な展示の仕方で、次に何が出てくるかワクワクです。このワクワク感はパリの工芸博物館ぶり。
打ちっぱなしのコンクリート風の壁と木の床もレトロでアカデミックだし、お気に入りの場所がひとつ増えました。

  1. 丸の内界隈
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ