journal

思いついたことをつらつらと




ミュージカル「レ・ミゼラブル」7/10マチネ :: 2017/07/12(Wed)

なぜか取れたセンターB列。間近に見る役者さんの表情や生声はやはりいいなと(とはいえ、なかなか取れないんだけれどね)。そして、今回もボロ泣きでした。

【主な出演】
バルジャン(ヤン・ジュンモ)/ファンテーヌ(二宮愛)/エポニーヌ(松原凛子)/ジャベール(川口竜也)/テナルディエ(橋本じゅん)/アンジョルラス(上山竜也)/コゼット(清水彩花)/マリウス(内藤大希)/マダム・テナルディエ(森公美子)他

楽しみにしていた橋本じゅんさんのテナルディエ。舌出しの少しだけメタル風で、「テナルディエ・イン」のラストは「SAY!HAY!」と客席を煽ってきました。「ジャベールの介入」では、川口ジャベールに、ゆっくり一言「顔が怖い」と。客席噴いた。「結婚式」でお盆が落ちた時は、「上からか!?勘違いでした。」
森クミさんも色々やらかしてました。「結婚式」のウェディングケーキを頬張り「ん?そうでもない。そうでもないわ」とグルメぶりを披露していたのが新鮮。
ヤンさんはすごく好みのバルジャン。染み入りました。

清々しいラストには、毎度心が洗われる思いです。自然と涙が出てきてしまいます。

カーテンコールでは、総立ちになった2階の高校生が圧巻でした。彼らを見上げるキャストも1階客席もほっこり。彼らの年頃ではきっとマリウス×コゼット×エポニーヌにキュンとなったんだろうし、私達の年代になるとバルジャンの生き方がぐっと迫ってくるし。こうして老若男女幅広い世代が共感できるから、長い間再演されてきたんだなと、今更ながら納得。

以前は気軽にチケットの買い足しができたけれど、最近はなかなか難しい。というわけで今期は2回の観劇でしたが、大満足でした。また次の機会を楽しみにしています。

  1. レ・ミゼラブル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「レ・ミゼラブル」6/27マチネ :: 2017/06/29(Thu)


30周年を迎えたレ・ミゼラブルに行ってきました。
駒田さんのテナルディエ目当てで選んだこの日でしたが、めっぽう熱い舞台で大満足でした。随所で号泣。

【主な出演】バルジャン(吉原光夫)/ファンテーヌ(二宮愛)/エポニーヌ(昆夏美/)ジャベール(川口竜也)/テナルディエ(駒田一)/アンジョルラス(上原理生)/コゼット(清水彩花)/マリウス(内藤大希)/マダム・テナルディエ(鈴木ほのか)他

今期は歌唱やキャラ設定がケアード版寄りになっていて、感情移入しやすかった。うぶというよりバカップルに見えてしまったマリウス&コゼットが気になりましたが、前期の肉食系よりは好感度高し。マリウス役の内藤さんが初々しかった。で、テナルディエはおふざけが随所に復活、駒田さんノリノリでした。コゼットからマダム・テナルディエへと転身を遂げた鈴木さんもハマってました。そして吉原バルジャン、やっぱりいい。

来月は橋本じゅんさんのテナルディエです。こちらも楽しみです。テナルディエ祭。


  1. レ・ミゼラブル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「レ・ミゼラブル」5/13マチネ :: 2015/05/24(Sun)

今期最初で最後のレミゼです。
運良く、2階最前列を取ることができて、舞台全体を堪能することができました。

新演出になって2期目ですが、波止場やテナルディエ・インなど目に見えてわかる改編が大分ありました。

【主な出演】
ジャン・バルジャン(吉原光夫)/ジャベール(岸祐二)/ファンティーヌ(里アンナ)/エポニーヌ(笹本玲奈)/マリウス(田村良太)/コゼット(清水彩花)/テナルディエ(駒田一)/マダム・テナルディエ(谷口ゆうな)/アンジョルラス(野島直人)/ガブローシュ(與名本睦)/リトル・コゼット(新井夢乃)/リトル・エポニーヌ(上山りのん)

吉原バルジャン
吉原バルジャンの魅力だった荒削りな感じが薄まり、落ち着いた感じになっていました。なので1幕は物足りなさを感じたものの、2幕の晩年はすごくしっくりきました。

岸ジャベール
「星よ」はさすがの歌唱力でしたが、ジャベールの鬱屈した暗さがなくてどこかキャラ違いな印象でした。なので、なぜ執拗にバルジャンを追うのかが伝わりづらかったのが残念。

里ファンテ
工場から「夢破れて」への転換があっという間でびっくり。新演出だからといえばそれまでなのですが。

笹本エポ
ショートボブで!相変わらず手足が長くてカッコいい。エポニーヌの片恋に共感しやすい年齢なのでしょう、近くの学生団体エリアから一際大きな拍手が起きていました。

田村マリウス
前期の初々しささが失われないまま、歌と演技は進化していました。泉見マリウスの次に好きなマリウスです。

清水コゼット
新演出版の逞しいコゼット設定に忠実。なのでどうしても姉さん女房に見えてしまって、もにょもにょ。

駒田テナ&谷口マダム
やはり鉄板です。テナルディエ・インとバーゲンの場面でコミカルな演出が復活しましたが、むやみに小ネタを盛り込み過ぎて、とにかく駒田さんが忙しそうでした。小ネタはちらっと入るのがよろし。

感情移入できない場面もあったものの、ラストの「誰かを愛することは神様のおそばにいることだ」で涙腺決壊。天寿をまっとうしたバルジャンが神の国へ旅立つ場面は、毎度ながら清々しい気持ちになります。そして、自分はそういう最期を迎えることができる生き方ができるのか自問するのも毎度のこと。本当に深くて偉大な作品です。

  1. レ・ミゼラブル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「レ・、ミゼラブル」11/11マチネ :: 2013/11/13(Wed)

2013レミゼの凱旋公演です。
この日は出がけにいろいろとありました。大分早めに家を出たものの、駅に着いたら人身事故で電車が止まっていました。時間に余裕があるので焦ることはなかったのですが、ホームに停車中の電車から出て待合室に辿り着いた途端倒れた人の世話のお手伝いをしたりで、現実世界の非日常性が一気に高くなってしまいました。妙にハイになってしまった気持ちのコントロールをしつつ有楽町へ向かいました。

ぜひとも観ておきたかった吉原バルジャン&福井ジャベールの回。嬉しいことに、駒田テナ、笹本エポ、上原アンジョと大好きなキャストもたくさん出演していて、私にとって期待値大の回でした。

【主な出演】
ジャン・バルジャン(吉原光夫)/ジャベール(福井晶一)/ファンティーヌ(知念里奈)/エポニーヌ(笹本玲奈)/マリウス(原田優一)/コゼット(青山郁代)/テナルディエ(駒田一)/マダム・テナルディエ(森公美子)/アンジョルラス(上原里生)/ガブローシュ(鈴木知憲)/リトル・コゼット(原田くるみ)/リトル・エポニーヌ(木村青空)

予想通りの熱い熱い舞台で大満足。今井バルに発声が似ているな~と思った春の吉原バルでしたが、今回はまさに吉原さんのバルジャンでした。福井さんの「スターズ」では次の場面に変わるギリギリまで拍手が鳴りやみませんでした。それとコンブフェールはこれまで原慎一郎さんの回が多かったのですが、杉山有大さんのコンブも爽やかで良かったです。この回を観ることができて本当に良かったです。

福井ジャベの千秋楽ということで、カーテンコールで若干おふざけが入り、最後は駒田→吉原→福井の順で突飛ばし合っていました。一番最後に突き飛ばされた福井さん、舞台袖の吉原さんに向けて手を伸ばす姿がお宮のようでした(笑)。

ロビーの柱には、バルジャン、ジャベールなどのパネルが設置されていました。
大好きな駒田テナ。
2013111117080000.jpg

1幕が開いてすぐ、先日亡くなられた岩谷時子さんのことが思い出されました。最後に、岩谷さんのご冥福をお祈りします。

  1. レ・ミゼラブル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「レ・ミゼラブル」7/8マチネ :: 2013/07/13(Sat)

 午前中に健康診断を入れていたので、時間が空く午後にチケットを取りました。我ながらいい時間の使い方だと自画自賛していたら、去年もそっくり同じパターンで「エリザベート」を観ていました(笑)。折しも梅雨明けの真夏日で、強烈なアスファルトの照り返しでしたが、勤め人にとって平日の昼間に繁華街を歩くのは何ともいい気分です。

 まずはトリコロール新聞。帝劇最終号でしたが、地方公演先での発行予告が出ていました。地方版も公式サイトにアップされるといいな。チーム・トリコロール、勤勉過ぎます!

【主な出演】
ジャン・バルジャン(福井晶一)/ジャベール(吉原光夫)/エポニーヌ(昆夏美)/ファンテーヌ(知念里奈)/コゼット(磯貝レイナ)/マリウス(山崎育三郎)/テナルディエ(KENTARO)/マダム・テナルディエ(谷口ゆうな)/アンジョルラス(野島直人)/ガブローシュ(鈴木知憲)/リトル・コゼット(清水詩音)/リトル・エポニーヌ(近貞月乃)

福井晶一
 先日のジャベールのインパクトが強過ぎて、実はあまりよく覚えていません。でも長年劇団四季で主役を張ってきた実力と経験で、貫録のバルジャンでした。

吉原光夫
 登場するなりものすごい重圧感。誰にも負けなさそうな吉原ジャベでした。「スターズ」への拍手はもうちょっとでショーストップになるのではという位、大きくて長かったです。前にも書いたけれど、吉原さんはガタイのよさと発声が今井清隆さんと似ているところがあるので、未見の今井ジャベはこんなだったのかなあとふと思いました。

知念里奈
 髪を売った後のメイクとツンツンのベリーショートと強い視線が、何ともパンクでカッコいいんですよね。で、バルジャンを迎えに来た時は、神の祝福を受けた者の静寂さが漂っている。知念さんの醸し出す儚さと強さのコントラストが大好きです。

山崎育三郎
 2011年の時も世慣れていましたが、今季は”堅物”とは完全に無縁の方向に進化しちゃってました。昆さんとの身長差を使って、思い切り腰をかがめて話しかけたり、頭を撫でたりしてましたが、そもそも隣のお兄ちゃんキャラではないので、チャラい奴に見えちゃう。お姫様抱っこはありえないっしょ。「カフェ・ソング」が深化していだけに、もったいない。でもこのマリウスなら今期のイケイケコゼットとは相性いいのかなと。

KENTARO
 怖い谷口マダムの影に隠れて、床屋の亭主風テナに進化していました。宴会乞食ではマリウスの追及に空恍けてワルツの手振りを始めたり、色々おふざけも。
 そういえば♪シャトーラファルジュ♪の件で、各テナのハンカチの扱いが違っているんですね。ハンカチを丸めてマリウスの顔面にゲロみたく飛ばす駒田テナ、い広げて頭からすっぽり被せてたKENTAROテナ。萬谷テナはどうなっているんだろう、どうも思い出せない。

谷口ゆうな
相変わらず怖いけれど、歌い方に強弱をつけてきたので単調さが薄らぎ、私の中でストンと落ちました。「ベガーズ」でエポの背中を押す時の表情が、娘を応援する母の顔だったのが意外。秘かにかわいいマダムでした。

 何度も書きましたが、やっぱり「レ・ミゼラブル」は強烈な吸引力を持った特別な作品です。11月の凱旋公演では、未だ未見の吉原バル&福井ジャベを観たいと思います。駒田&森テナ夫妻ももっと観たい。地方公演を経て、カンパニーが進化したさまを観たい。と今から秋が楽しみです。ひとまずはしばしのお別れです。

  1. レ・ミゼラブル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「レミゼラブル」7/2マチネ :: 2013/07/06(Sat)

約1ヶ月ぶりのレミゼです。

 劇場に入って、まずトリコロール新聞を入手。最新のナンバーは7号、舞台と稽古の合間を縫って発行してくれるメンバーには本当に頭が下がります。因みに駒田さんの連載と上原画伯の妙な味のあるイラストを愛読しています。
 そして帝劇千秋楽目前にして、やっとプログラムを購入。だって舞台写真が掲載されるのを待っていたんだもん。演出家のインタビューでは、新演出の経緯・意図が説明されていました。コゼットのキャラを変えた理由はなるほどねと思ったのですが、コゼットに「生」・「希望」を象徴させるならもっと他にやりようがあったのでは?と今更ながら感じます。セクシーコゼ、最後まで馴染めそうにありません。

 この日は大声量キャスト祭りで、「ワン・デイ・モア」の迫力が3割増になっていました。とにかくすごかったです。

【主な出演】
ジャン・バルジャン(キム・ジュンヒョン)/ジャベール(福井晶一)/エポニーヌ(笹本玲奈)/ファンテーヌ(里アンナ)/コゼット(若井久美子)/マリウス(原田優一)/テナルディエ(駒田一)/マダム・テナルディエ(森公美子)/アンジョルラス(野島直人)/ガブローシュ(加藤清史郎)/リトル・コゼット(北川真衣)/リトル・エポニーヌ(清水詩音)

 今期初見のキャストの皆さんは、豊かな声量の持ち主で、聴き応え十分でした。
特にキムさん、福井さんは劇団四季でプリンシパルを務めていただけあって、はなから客席をぐい~っとと惹きこむ何かを持ってらっしゃる。お二人の「対決」の場面では、今季初めての緊張感を感じました。カッコよかった。

キム・ジュンヒョン
 脅威の大声量。で、ファルセットも楽々こなす。リトル・コゼットとのデュエットが柔らかで絶品でした。ただカッコよ過ぎて、どうも苦労人には見えなかったなあ。発音とアクセントが時折怪しくなるのも残念。

福井晶一
 やっと弱くなさそうなジャベ登場(笑)。と、冗談はさておき、やはり上手いですね~。福井さんの張りのある第一声で空気が変わりましたもん。休演中に溜め込んでいたエネルギーを一気に放出中という印象で、イキのいい警部でした。因みに砦陥落後のセリフは「バルジャ~ン」じゃなくて叫び(うめき)声でした。「バルジャ~ン」は川口ジャベ専用?

里アンナ
 里さんの「夢破れて」も聴き応えありました。でも、おとなしそうな風情で、そもそも道を踏み外しそうに見えないし、工場では苛められるよりむしろ庇ってもらえそうなファンテーヌでした。

 そして大好きないつもの方々。
 5月に観たときは新演出で自由度が減ってどこか窮屈そうに見えた続投組ですが、ここにきてのびのび個性が戻ってきた印象でした。

笹本玲奈
 登場時のいかにもタルそうな様子が復活。「オンマイオウン」も以前の歌い方に近かったし、男前エポ復活の兆し?使い走り」の暗転時に、マリウスからもらったコインを投げ捨てる姿がトッぽくてカッコよかった。

駒田一/森公美子
 鉄板コンビ!!!
 スタイリッシュかつ凄みのある駒田テナは、いつ観ても飽きません。「宴会乞食」で白塗りをやめた分、カッコよさ倍増してるよね。
 「取引」でイケメンバルの背後で大げさに胸よせして見せたり、「宴会乞食」で口に食べ物入れてもごもご喋ったり、モリクミマダムはおふざけが復活してました。

さて次回観劇はmy千秋楽です。
今期レミゼはいろいろあったけれど、やはり作品力に惹きつけられます。
11月の「凱旋」公演、仕事が忙しい時期だけれど観に行けるといいな。

  1. レ・ミゼラブル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「レ・ミゼラブル」5/31マチネ :: 2013/06/02(Sun)

今期レミゼ初の1階席。
1階席は表情、衣装、舞台装置がよく見えるし、何より迫力が違うので、一度は体験しておかないと。初めて観るキャストもいて、またまた新鮮でした。

プレビュー公演から1ヶ月が過ぎ、疲れが相当たまっている時期だろうに、この日も熱い舞台を見せてくれました。開演前はなぜか写メする人がまばらだったキャスト表。幕間には出演者を確認する人だかりで大変なことになっていました。興味を持ったキャストの名前を確認している初見のお客様がたくさんいた様子。改めてレミゼの持つパワーを確認しました。まあ、バリケードの騒音の中で爆睡する人もちらほらいたけれど。。。平日昼間なのに、当日券の中列が出ていたのも驚きでした。

トリコロール新聞5号もゲット。川口さんの川柳「初日から3.5kg痩せました、あなたにも必ず出来るジャベダイエット、今はもう忘れかけている酒の味」が泣けました、必ず出来るっていっても。。。。やっぱり警棒&手錠がないと(形から入る人)。。。自分の舞台がない日でも自主練が続く中、新聞を発行し続ける有志メンバーにも感謝です。

【主な出演者】
ジャン・バルジャン(吉原光夫)/ジャベール(鎌田誠樹)/エポニーヌ(笹本玲奈)/ファンテーヌ(和音美桜)/コゼット(若井久美子)/マリウス(原田優一)/テナルディエ(萬谷法英)/マダム・テナルディエ(谷口ゆうな)/アンジョルラス(上原理生)/ガブローシュ(加藤清史郎)/リトル・コゼット(原田くるみ)/リトル・エポニーヌ(武田有紀子)

吉原光夫
 1階席で見る吉原バルは迫力3倍増。プロローグは、強い目線、坊主頭(地毛だった!)、歌の合間のうめき声・激しい息使いがまるで野獣のよう。自分を拒絶する世間に対する怒りが爆発していました。司教と出会って”正しい人”になるまでの年月、どれだけの苦悶があったのかと、新たに考えさせられました。

鎌田誠樹
 初鎌田ジャベ。ガタイのいい吉原バルとの対決は見るからにひ弱く見えたけれど、二幕の白髪頭の辺りから俄然良くなりました。

笹本玲奈
 作った甲高い声とぶっきらぼうな語尾が違和感の最大原因かな。とにかく子供っぽくなっちゃって。でも鼻の頭真っ黒に汚してたのはかわいい。で、膝を立てて座る姿が足長でカッコいいんだよね。

原田優一
若井久美子
 というかコゼットのキャラ設定についての感想です。別キャストで見ても、コゼット=肉食系姉さん女房の図式は崩れませんでした。マリウスの手を引いて庭の奥に走り去るコゼットにはドン引きです。パパのこともあまり大事にしてなさそうだし。外見にしろ性格にしろ、堅物マリウスが魅かれる要素が低すぎます。

萬谷法英
谷口ゆうな
 コゼットを威嚇するゆうなマダムは更にパワーアップ。鋭角的な顔立ちの萬谷テナの薄笑いもなかなか凄みがあったけれど、何しろパワー負けしていて、おかみさんに尻に敷かれる親父の図でした。お笑い要素がなくなった新演出のテナ夫妻。この人達も世の中の辛酸を嘗め尽くしているはずなのに、いつもバイタリティ溢れていて迷いがない。ジャベールでさえ迷ったのに。根っからの悪人の方が生きるのが楽なのかなと妙な感心をしてしまいます。

上原理生
 上背があって舞台映えする上原アンジョ。学生達が群衆の一部と化してしまうような今期の演出でも、一際人目を引きます。アンジョが特別な存在であればあるだけ、荷車で運ばれていく最期に何ともいえない寂寥感が漂い、カルーゼルの場面にもつながるのではないかなと思います。

加藤清史郎
 前期レミゼでの帝劇デビュー以来毎作品観る機会がありましたが、カテコで女の子達をエスコートする姿は貫禄たっぷりです。同じくカテコでグランでなくアンジョになついてたのはご愛敬。

原慎一郎
 1階で見る原さん、とにかくデカかった。でも優しそう。


最後はスタオベで終了。
そういえば、今期はexitの曲がなくなりました。緞帳が降りてすぐに席を立つのは、余韻がなくて何か寂しい気がします。レミゼはしばらくお休み、次回は7月に観劇予定です。福井さんは無事復帰するのでしょうか。


  1. レ・ミゼラブル
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ