journal

思いついたことをつらつらと




松山 おまけ :: 2008/09/01(Mon)

大街道近辺は、見所が一箇所に固まっているおいしいエリアです。 ①萬翠荘 大正時代の洋館です。8月は休館中で、中に入れませんでした。残念。
2008_0829_088.jpg

②愚陀仏庵 萬翠荘裏手の石段を登ると、純和風家屋が現れます。
愚陀仏庵は、松山時代の漱石の下宿先を再現したもの。正岡子規も一時滞在したそうです。
2008_0829_084.jpg

③坂の上の雲ミュージアム ①、②のほんの近所にあります。

  1. 2008松山・高松
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

高松  高松港 :: 2008/08/31(Sun)

フェリー入港の図。
埼玉育ちにとって、海ってどきどきな存在です。
suuda7-2008-08-31T08_50_01-1-s.jpg

  1. 2008松山・高松
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

高松 玉藻公園 :: 2008/08/31(Sun)

仕事前、朝の散歩です。玉藻公園は高松城址で、庭と城の一部が残っています。どんな城だったか想像もつきませんが、港に面した城はさぞ絵になっただろうな~と(^o^)v 庭もきれいですよ~。
suuda7-2008-08-31T08_47_28-1-s.jpg

  1. 2008松山・高松
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

松山 ビバ市電! :: 2008/08/30(Sat)

松山の仕事終了で、高松に移動中です。
海岸づたいに二時間!、いしづち号に揺られます。

松山は、なんか良かったです。
特に気に入ったのは伊予鉄運営の市電(路面電車)。
停留所に停車するたび、運転士さんが起立して見送ってくれるところ。そして、すごく親切で、仕事に誇りを持っているんだな~というのが伝わってきたところ。一日乗車券が、スピードくじみたいで使用年月日を削るようになっているところ。全てツボです。
滞在中「坂の上の雲」のロケで、阿部寛が来ていたそうです。秋山兄弟生誕地スタッフさんによると半日のニアミス、惜しかった~!ますますドラマ放映が楽しみです。
また来たい。

  1. 2008松山・高松
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

松山 道後温泉本館 :: 2008/08/29(Fri)

suuda7-2008-08-29T20_37_30-1.jpg
松山市郊外にあるので、市電を利用してでかけます。
本館は「千と千尋の神隠し」のモデルになったそうです。確かに似ていますね。
湯婆ばじゃなくて、係のおいちゃんが丁寧に皇室用浴室「又新殿(そうしんでん)」の説明をしてくれました。昭和天皇もご利用になったそうです。

やさしいお湯で、お肌すべすべ。
お土産品満載の商店街も楽しかったです

  1. 2008松山・高松
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

自主「坂の上の雲」ツアー :: 2008/08/29(Fri)

「坂の上の雲」(司馬遼太郎)は大好きな作品です。
勝手に銘打って、いろいろと行ってきました。

①秋山兄弟生誕の地
復元された生家+ビデオ+銅像。
係の人は皆ボランティアさんとのことですがその知識は半端なく、またすごく親切。私がカメラを持っていないとわかると係のおじさんが記念撮影をしてくれて、メール添付で送ってくださいました。

②坂の上の雲ミュージアム
誰でも参加できる1000人のメッセージ展開催中。ここのキュレーター、楽しい企画ができそうです。
展示物は複製が多かったのが残念!
画像は、新聞連載時の「坂の上の雲」紙面を展示した壁面。

2008_0829_089.jpg

③子規堂
秋山兄弟の幼なじみ、正岡子規の家を再現。子規の貧乏を見かねた秋山真之が贈った羽毛布団の生地など、やたらリアルな品々を発見しました。
2008_0829_092.jpg
2008_0829_103.jpg

④愛媛人物博物館
愛媛県に関係した人々を紹介する施設で、秋山兄弟の軍服や手袋、行李などが展示されています。こちらはみなオリジナルなので見ごたえ充分です。
ただ遠いのね。。。伊予鉄バスで片道40分+徒歩15分でした。
画像は兄の秋山好古愛用のコンパス。
2008_0829_107.jpg

  1. 2008松山・高松
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

松山城3 :: 2008/08/29(Fri)

見事な石垣です(ほれぼれ)。城内はほとんど梯のような急な階段で、ただ怖かった。。。
suuda7-2008-08-29T12_36_31-1-s.jpg

  1. 2008松山・高松
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ